家族葬の費用の相場

家族葬にかかる費用というのは一般的には安くなると言われています。例えば故人の家族やごく親しかった方など本当にごく一部の人間のみで家族葬は基本的に行う為、葬儀場も小規模のものでよく会場利用費や準備代が少なく済みます。また故人の死を周囲に明かさない為突発的な弔問も無く、香典返しや通夜振る舞いの無駄が出ないのもポイントです。このような事から一般的に家族葬は遺族への経済的負担が少ないとされています、しかしある事情で一時的な支払額、あるいは負担額に関しては通常の葬儀より高くなる事があります。


家族葬では香典を費用にあてられない

通常の葬儀だと葬儀にかかったお金の一部はいただいた香典から支払うのが一般的です。しかし家族葬の場合参列者の殆どは家族である他、また同時に周囲に故人の死を伝えない為弔問者も無く、その結果香典がほぼ集まりません。もちろん葬儀が終わった後日故人の死を知って弔問に来てくださる方等は居ますし、最終的な支払額はやはり通常の葬儀のほうが高くなります。しかし葬儀直後に関しては全く香典が無い状態になってしまう為一時的な負担が通常の葬儀を上回る可能性があるという事です。また当然故人の死が葬儀前に広まってしまうと参列者は増えますが葬儀を家族葬として執り行う事自体が難しくなってしまうので兼ね合いが難しい所です。

葬儀は悲しくて泣いてしまう人もいますが、果たして本当に悲しいだけなのでしょうか?
個人的には、悲しみの中に温かみを感じるのですが、皆さんはどのように思っていますでしょうか。
確かに悲しいものですが、それだけではないような気がします・・・特に家族葬は親しい人達のみで行いますから、絆を深めたりすることが出来ていいと思いますよ。


家族葬は何人まで呼ぶのがいいの?

家族葬は近親者や親しい人達のみで行うものなのですが。一体何人呼ぶのが良いのでしょうか?
家族が多い人だと、どこまで呼んだらいいのか分かりませんし、迷ってしまいますよね。
一般的には2~4親等まででいいと言われていますが、実際は呼びたいだけ呼んでも大丈夫だそうですよ。
せっかくですから、みんなで揃って故人を見送ってあげたいですよね。
それに、家族葬は普通の葬儀と比べて比較的に費用が安くなっているので、魅力的です。


棺には何を入れて良いの?

最後は故人を棺の中へ入れて見送りますが、棺の中には何を入れるべきなんでしょう。
その葬儀社によって何も入れてはいけないことになっているところもありますから、前もってご確認を。
やっぱり、故人が好きだったものや大事にしていたものを一緒に入れてあげるのが良いですね。
その際、燃え残ったりしないか葬儀社に確認をするのを忘れずに。

家族葬と密葬って一緒と思っている人もいるかもしれませんが違います。全く別物というわけではありませんが、違ってくる部分はたくさんありますので別物と考えてもいいかもしれません。


<密葬とは一体なんなのか?>

密葬とは故人の近しい人物だけでやる小規模な葬式となっています。しかし、規模は基本的には決まっておらず500人や600人も集まる密葬もあれば、1人だけという規模もありますので密葬=小規模というわけではありません。あくまでも死亡報告などをしない方法であり、後日本葬などを行うことを密葬といいます。


<家族葬と似ている部分はどこにあるのか?>

まずは近親者だけで集まるというところでしょう。ここは一緒だと言えるでしょう。また密葬は基本的には小規模でやるものであり、落ち着いた式をあげるという意味でも似ている部分はあるでしょう。


<家族葬との違いはなんなのか>

違いといえば、密葬は後から本葬をするということでしょうか。家族葬はそれが本葬みたいなものであり、それだけで故人を見送ることになりますが密葬の場合は後から本葬をしたりしますのでそこで故人を見送ることになります。そこが違いと言えるでしょう。また密葬は500人ぐらい集まる場合もありますので絶対に小規模とは言えないところでしょう。

家族葬を選ぶ理由のひとつには、遺族が高い葬儀代を支払うことができないという理由も含まれています。参列者の数が少なくかつ身内だけということが多いので、かかる費用はかなり低コストと想像できます。


葬儀社への支払いの内訳は

葬儀費用の内訳をざっくりあげてみると、葬儀社への支払、葬儀後の参列者による会食費用、返礼品費用、火葬費用、お布施などに大きくわかれます。葬儀社への支払いは、葬儀会場の祭壇や装飾や棺、霊きゅう車の手配、遺体保全管理などが含まれた葬儀一式の費用として請求されます。家族葬ではシンプルにしたいといった要望が多いので、葬儀会場の部分で費用を抑えた安い価格帯のタイプが選ばれることが多いです。


参列者が少ないことで抑えられる費用

家族葬の場合、葬儀後の参列者による会食費用は葬儀プランに含まれないことが多く、オプションとしてついていることのほうが多いようです。参列者が少ないので全体的に安くすむケースと、そもそも葬儀社へ手配しないケースも多く、会食自体省略する場合もあります。返礼品費用は会食費用と同じく家族葬プランとは別料金の場合が多いです。ほんの身内だけといった家族葬もあるので、本当に必要かどうかは遺族で話し合った方がいいかもしれません。

本来、葬儀では参列者がいますのでスタンダードといいますか通常のプランで葬儀を進めることが主流となっています。
ですが、家族葬でしたらご家族や身内の方だけで行ないますので、プランを少々変えることもできます。
例えば故人が好きだった音楽を流してみますとか、写真をスライドショーにして流してみますとか色々出来るかと思うのです。
他にも探してみたら色々出来ることがあるかと思うのですが、皆さんはどう思いますでしょうか?


家族葬は費用を抑えることもできます

家族葬は通常の葬儀に比べて費用が少々お安くなっていますので、おすすめです。
もちろん、故人のご希望を最優先させるべきだと思いますのでご希望があるのでしたらそちらを優先されるのが良いかと思います。
ご家族で落ち着いてお別れをしたいとお考えの方には家族葬が良いかと思いますよ。
ゆっくり見送ることが出来ますし、変に気を使う事も無いので精神的にも負担が少ないのではないかと思います。
費用に関しましては、その葬儀社によって異なりますので色々ご覧になってみるのが良いかと思います。


家族のきずなを深めてみましょう

家族葬をするのですから、やはり特別な時間にしたいですよね。
皆の心に焼き付いていつまでも生き続けるような、特別なものにしたいと思う方もいらっしゃるかと思います。
棺に何か入れても良い場合は、故人が好きだったものを入れてあげるのが良いかと思いますよ。
不安な時は担当者の方に質問しておかれるのが良いかと思いますよ。

家族葬では会場利用費や香典返し代、通夜振舞い代や参列者の交通費など様々な費用が通常の葬儀より安くなります。しかし中には逆に家族葬でのみかかる可能性のある経費も存在し、例えば安置室利用料等がこれにあたります。


家族葬の意外な難点

この安置室利用料は故人が亡くなられてから葬儀までに間隔がある際に主に発生するものです。その為勿論病院の霊安室から葬儀場に直接ご遺体を動かす事になった際等には発生しません。安置室利用料が家族葬特有である理由を強いてあげるとするのであればそれは家族葬の場合ご遺体を一度家で引き取る事ができないからです。通常だと葬儀までの間ご遺体を家で引き取り遺族の方が名残惜しみ追悼するといった事が可能ですが、家族葬は自宅周辺の人にも故人の死を伏せなくてはいけない為大掛かりな作業となるご遺体の搬送が出来ないのです。その為例え故人の死亡から葬儀までに間隔がある場合でもご遺体を自宅で引き取る事ができずご遺体の管理は安置室で行う事になります。


費用の詳細

前述の通り亡くなられてからすぐの葬儀となった場合基本的には病院の霊安室利用に伴う料金しか発生しませんが、遠方から来られる家族の方もいる事でしょう、もし病院の霊安室利用期間を超えるようならば安置室のお世話になる事になります。この場合霊安室の利用料と安置室の利用料が両方発生する他、場合によっては防腐措置といった死体保存料も両方でかかる場合があります。尤も実家でご遺体を引き取るにしてもその作業には費用が伴う為結果的に見て決して高くつくという訳ではありません。

家族葬を希望する人が増えていると言われています。費用が安いので遺族に負担をかけずに葬儀を終わらせることができる、遺族は周りを気にすることなく、ゆっくりと故人を見送ることができます。香典やお花などもいただかないので、納骨までバタバタしなくて済むというのも大きなメリットだそうです。


家族葬を終えたら早めに連絡を

家族葬を終えたら、なるべく早めに故人が他界したことを伝えるハガキを出しましょう。また通夜、葬儀は身内だけで終わらせていること、お花などを遠慮する場合は、この旨を明記するといいでしょう。家族葬では弔問客が葬儀後に絶えず、遺族が逆に疲れてしまったという例もあります。もしも故人にお別れを告げたい人が多いことが予想される場合は、お別れの会などをレストランなどで別に開催することを考えましょう。


参列者に招かれたらどうする?

家族葬であるけれど、非常に親しい友人などが亡くなり、参列してほしいと言われたらどうしたらいいのでしょうか?まず家族葬であるのに呼ばれる、ということは、あまりありません。遺族や故人の意志で参列を、と言われた場合は、少し大目にお香典を包んで持っていくといいそうです。ただし、お香典を遠慮される場合もあります。その場合は無理に渡さず、お悔やみの言葉を申し上げましょう。どうしても気になる場合は、後日、お花をお送りしてもいいかどうかを聞いてみましょう。

家族葬を行なう側ですと費用の問題などいろいろありますが、家族葬をされる側ではなくてもしも参列する側の立場だったらどうすれば良いのだろうか、とお悩みの方も中にはいらっしゃるかと思います。
中にはお花を贈りたいけれどどんなお花を贈ったら良いのか分からない方もいらっしゃるかと思います。
お花を贈られる際には、ご遺族の方にどの会場でされるのかその連絡先を聞いてその会場に問い合わせをして聞いてみるのが良いみたいです。
お花を贈りたいのですがという旨をお伝えすれば大丈夫です。


家族葬の招待状をもらったら

家族葬の招待状を受け取ったら、出来るだけ早くお返事をされた方が良いかと思います。
その際にお花を贈りたいという事をお伝えすれば対応して下さると思いますので、前もってお伝えしておかれるのも良いですね。
やはり会場だけをお聞きするよりも、直接お伝えした方がお相手の方も喜ばれるのではないかと思いますよ。
色やお花の種類について聞いておくことも忘れずに。


忌み言葉には気を付けて

これは家族葬に限ったことではないのですが、忌み言葉と言われているものがあります。
その忌み言葉を使わないように気を付けるようにして下さいね。
最近ではそういったマナーについて詳しく説明をして下さっているサイトもありますので、そちらを参考にされることをおすすめします。
恐らく皆さんが思っているよりも忌み言葉は多いかと思いますが、出来るだけ頭の中に入れておかれるのが良いかと思います。
また、なぜなくなってしまったのかについて聞くのもやめましょう。

家族葬という、身内だけで最期を過ごす葬儀が増えています。密葬などとも呼ばれていますが、密葬は厳密には、火葬だけを行うものという定義があるそうです。しかし、現在ではほとんど同じ意味としてとらえていいでしょう。このような葬儀を希望する人も増えてきているそうです。


家族葬について家族ではなしてみよう

一定の年齢になったり、親しい友人を亡くしたりすると、自分が死んだときのことを考えてしまうものかと思います。別に派手に見送ってほしいとも思わない、お香典やお花も遠慮したいと考えるのであれば、家族と一度、自分の最後について話し合ってみましょう。何も実際に葬儀社を呼んで、など本格的でなくてもいいのです。自分がどう見送ってほしいか、遺族にどうしてほしいか、費用などを、ちょっと話すだけでもいいのです。


遺族が困らないようにリストなどを作ろう

遺族が困るのは、他界したというハガキを誰に出すかということです。仕事関係の方も含め、すべての年賀状を自分以外の人間が把握しているならいいのですが、記帳などのない家族葬だと、死んだ本人の交友関係が分かりにくいのです。このような理由から、会社の人や、友達などをしっかりと記しておきましょう。現在ではエンディングノートというものも売っています。見落としがちなことも書けるようになってますから、活用しましょう。